忍者ブログ
下澤孝司 の スペイキャスティング & フライフィッシング ブログ です。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
DVD The D
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SAScandiEx.jpg2011新製品SAスカンジエクストリームヘッドは、文字通りスカンジナビアンスタイル用として開発されたラインですが、名前に限らず幅広い守備範囲を持っています。スカンジナビアンスタイルは、主にロングリーダーやシンキングリーダーを用いることを前提としてシステム化され、フライをアンカーポイントとしてリーダーテンションを確実にまた有効に利用するスタイルといえます。よって使用するラインも単なるシューティングヘッドから独自テーパーやウエイトバランスを持つスカンジナビアンラインとして進化し、コンパクトなロッドコントロールとタイトなタイミングが要求されてきました。



SAScandiEx01.jpgSAスカンジエクストリームヘッドは、やや太めのボディからフロントへと滑らかなテーパーを持たせることでアンカーポイントの幅を広げたマイルドなスペイラインに仕上がっています。このテーパーバランスはSAならではの製造技術が織り込まれています。見た目の特徴としてボディセクションはサンライズ、フロントセクションはライトブルーに色分けされています。ライトブルーのフロントセクションはヘッド長の約1/4の長さになっており、ライトブルーセクションをアンカーとして利用すればスムーズにキャストできるようにデザインされています。


SAScandiEx02.jpgこのことはつり人社から発売中のDVD 「The D」内で「アンカーについて」で説明しています。ちなみにThe Dではサークル/スナップT、ダブルスペイ、ペリーポーク以外のすべてにおいてSAスカンジエクストリームヘッド400グレインにアクロンデッドドリフト リーダーとドラゴンテールライトの組み合わせを使用しています。
推奨ラインシステムはアクロンツーハンドリーダー等の15ft程度のリーダーやシンキングリーダーをおすすめします。
テーパーデザイン上シンクティップの接続はおすすめできません。

またSAスカンジエクストリームヘッドはライン番手の表示は無くすべてグレイン表示となっています。
ロッドマッチングについては後日紹介します。Tak
PR
Copyright © 2008 Tak Shimosawa speycasting blog/下澤孝司 スペイキャスティングブログ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS