忍者ブログ
下澤孝司 の スペイキャスティング & フライフィッシング ブログ です。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
DVD The D
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SASkagitExInt01.jpgお待たせしました。
SAマスタリー スカジットエクストリームヘッドインターミディエイトが発売となりました。コンパクトな動作で最大限のラインテンションを得るべくSAスペイラインでは初のブレイデットモノコアを採用しました。ソリッド感が増し、キャスティングのみならずドリフト感度も格段にアップしています。ライトツーハンドまたスイッチロッドにもおすすめです。
スペイショップ にて発売中です。Tak
PR
SAScandiEx.jpg2011新製品SAスカンジエクストリームヘッドは、文字通りスカンジナビアンスタイル用として開発されたラインですが、名前に限らず幅広い守備範囲を持っています。スカンジナビアンスタイルは、主にロングリーダーやシンキングリーダーを用いることを前提としてシステム化され、フライをアンカーポイントとしてリーダーテンションを確実にまた有効に利用するスタイルといえます。よって使用するラインも単なるシューティングヘッドから独自テーパーやウエイトバランスを持つスカンジナビアンラインとして進化し、コンパクトなロッドコントロールとタイトなタイミングが要求されてきました。



SAScandiEx01.jpgSAスカンジエクストリームヘッドは、やや太めのボディからフロントへと滑らかなテーパーを持たせることでアンカーポイントの幅を広げたマイルドなスペイラインに仕上がっています。このテーパーバランスはSAならではの製造技術が織り込まれています。見た目の特徴としてボディセクションはサンライズ、フロントセクションはライトブルーに色分けされています。ライトブルーのフロントセクションはヘッド長の約1/4の長さになっており、ライトブルーセクションをアンカーとして利用すればスムーズにキャストできるようにデザインされています。


SAScandiEx02.jpgこのことはつり人社から発売中のDVD 「The D」内で「アンカーについて」で説明しています。ちなみにThe Dではサークル/スナップT、ダブルスペイ、ペリーポーク以外のすべてにおいてSAスカンジエクストリームヘッド400グレインにアクロンデッドドリフト リーダーとドラゴンテールライトの組み合わせを使用しています。
推奨ラインシステムはアクロンツーハンドリーダー等の15ft程度のリーダーやシンキングリーダーをおすすめします。
テーパーデザイン上シンクティップの接続はおすすめできません。

またSAスカンジエクストリームヘッドはライン番手の表示は無くすべてグレイン表示となっています。
ロッドマッチングについては後日紹介します。Tak
SAScandiEx.jpg

SAのニューラインです。


スカンジエクストリーム





SASkagitEx.jpg


スカジットエクストリーム


両者の特徴や違いなど 詳しくは また後ほど・・・Tak

DTL.jpgお待たせしました。ドラゴンテールライト入荷しました。
昨年からテストを重ねてきましたが、自分なりに考えた通りの
ランニングラインになったと感じています。
特にSAスカジットDX、スカジットエクストリーム、スカジットイン
ターをお使いの皆様におすすめしたいランニングラインです。
是非お試しください。
ご注文は スペイショップ へ Tak
DTL01.jpg
2008年発売以来人気のSAドラゴンテール。

今回#8以下にも使えるライトラインバージョンとしてドラゴンテールライトを開発しました。
カラーはサーモン/ブルージェイです。


DTL02.jpg
サーモンカラー部には8ftのテーパーを持たせ、ブルージェイカラー部は20ポンドストレートのシューティングラインです。

新潟・荒川サケの実釣テストも無事完了。2010年2月発売予定です。

詳細は後日お知らせします。Tak

スカジットインターミディエイトヘッドに接続するランニングラインやシステムについてのお問い合せを多くいただいております。

私のシステムを紹介します。

ランニングライン

 #6 350 アクロン・エアロシューター30lb(ホワイト)
 #7 400 アクロン・エアロシューター30lb(ホワイト)
 #8 450 アクロン・エアロシューター30lb(ホワイト)
 #9 500 アクロン・エアロシューター40lb(ブルー)、30lb(ホワイト)
 #10 550 アクロン・エアロシューター40lb(ブルー)
 #11 600 アクロン・エアロシューター40lb(ブルー)

 (アクロン・エアロシューターは50mです。)

シンクティップ

 #6 350 10' 100grain
 #7 400 10' 100grain
 #8 450 10' 100grain、15' 120grain、エクスプレス14プラス2.4m
 #9 500 15' 160grain、エクスプレス14プラス3.0m、3.6m
 #10 550 15' 160grain、エクスプレス14プラス3.6m、4.0m
 #11 600 15' 200grain、エクスプレス14プラス4.2m

 (エクスプレス14プラスとは、1フィート14グレイン、タイプ7.75のラインです。)

大体こんな感じです。

アクロン・エアロシューター、エクスプレス14プラスをご希望の方は
スペイショップまでお問い合せください。

Tak

お待たせしました。全番手製品の試投および確認を終えました。

SKI001.JPGSAスカジットインターミディエイトヘッド
#6 350 21' 
#7 400 22'
#8 450 23'
#9 500 24'
#10 550 25'
#11 600 26'

参考までに一部ですが試投したロッドを紹介します。

#6 (使用ティップ 10' 100グレイン) 
CND Bspey12'6 #5/6/7
CND SpeyTracker 12'2 #5/6/7
CND SpeyTracker 9'8 #6/7/8
ECHO DH 12'6 #6
ECHO TR 12'6 #6
TFO DC12'6 #5/6
TFO SR11' #6

#7  (使用ティップ 10' 100グレイン)
CND Bspey13' #6/7/8
CND SpeyTracker 13'3 #6/7/8
CND Solstice13'4 #6/7/8
ECHO DH 13' #7
TFO DC13' #7/8

#8  (使用ティップ 10' 100グレイン)
CND Bspey13'6 #7/8/9
CND Solstice14'3 #7/8/9
CND Solstice15'2 #7/8/9
CND North Fork Specialist 13'3" #8
CND Steelhead Specialist 14'4" #8/9/10
KⅡ-13'7"#9 ST&SK
TSR DSP1489 14' #8/9
Loop OP 12'4 #8

#9 (使用ティップ 15' 160グレイン) 
CND Solstice16'1 #8/9/10
CND Skagit Cast Specialist 13'8" #9
CND Steelhead Specialist 14'4" #8/9/10
KⅡ-13'7"#9 ST&SK
TSR DSP146910 14'6″#9/10
O-REX Accipiter 15' #9/10

#10 (使用ティップ 15' 160グレイン or 200グレイン or EX14+4m) 
CND Salmo Salar Specialist 15'6" #9/10/11
CND The15 15' #10/11
KⅡ-Spey Side 15'3"#10/11
TSR DSP151011 15' #10/11

#11 (使用ティップ 15' 200グレイン or EX14+4m) 
CND TakSP 16' #10/11/12
CND Thompson Specialist 16'7" #10/11/12

使用ランニングライン
#6、7、8、9 エアロシューター30ポンド(ホワイト)
#10、11  エアロシューター40ポンド(ブルー)

スペイショップで好評発売中!

Tak

Copyright © 2008 Tak Shimosawa speycasting blog/下澤孝司 スペイキャスティングブログ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS